リフォーム工事で気になる騒音!どんな対策をすべき?

嬉しいリフォーム、ご近所さんと円満に

必要な情報公開

金銭的には限界があります。 「予算はこれくらい」と、消費税も考えて、しっかりとしたプランをたてることが必要です。 工事の規模にもよりますが、百万円単位のお金が動きます。 リフォームの場合は、これまで使っていた場所を壊す費用が、別途かかる場合があります。

施主(工事を依頼した人)と業者の連携

「リフォーム」には、いろいろな意味があります。
刷新する、改善する、修理する、修復するなどがありますが、どれも「手を加えて改善すること、作りなおすこと」を指します。
衣服の仕立て直しや、建物の改修などでも、リフォームという言葉が使われていますね。

ここでは、ご自宅のリフォーム時に生じる、騒音などのご近所への迷惑と、それについての気配り・対策などについて考えていきます。

さて、リフォーム時の騒音や振動については、施主(せしゅ、工事を依頼した人)ご自身もうるさいと思うでしょうし、近隣の方にとって迷惑なのは当然です。
例えばこれが近所に建売住宅を建てているときは、入居者がわからないし、業者に苦情を言っても仕方ないことだと思って、ガマンしているのではありませんか?
それはご近所さん同士で共通の困りごとだから、という結束もあるのでしょう。
それが、前から住んでいるご近所でのリフォーム工事があると、ご近所の方たちとのトラブルが生じることもあります。
ご近所にとっては、この騒音や振動はいつまで続くのか、どれぐらいの期間ガマンすればいいのか、1日当たりの工事時間は何時から何時までか、そのあたりが気になる点ではないでしょうか?
大きな建物を造るときや、新築住宅を建てるときは、たいてい看板があって、何を作っているのか、工事の日程とその作業内容が書かれています。
しかし、リフォームの場合は、そうした表示がない場合があるようです。
そのあたりの細かい部分まで気づき、配慮してくれる業者さんであれば幸いなことです。

クレームが出ないための気配り

業者との細かい打ち合わせが大事です。 特に集合住宅では、階段やエレベーターの利用もありますので、資材置き場に留意してもらいましょう。 分譲マンションでは、自己所有部分は、壁の厚さの半分までだそうです。 ですから、工事をするにあたっては、管理組合の同意が必要な場合があります。

日常的な近所づきあい

近代的な建築は、昔に比べると、完成が早くなっているようです。 各建築メーカーが、色々な材質や工法を開拓してきたからでしょう。 建築機械や用具も進化しているんですね。 工事の規模にもよりますが、ご近所付き合いを大切にしながら、完成の日を待ちましょう。